トップへ » 当院が選ばれる理由 » 泣かない小児歯科

むし歯ゼロの子どもはご家族の努力の賜物

むし歯ゼロの子どもはご家族の努力の賜物

お子さんが丈夫で健康な歯でいられるのは、ご家族の努力の賜物です。正しい歯みがきの仕方を教え、歯医者さんに定期的に連れていき......。そんな日々の努力なしには、むし歯の少ないお子さんには育ちません。

大きなむし歯を治療するとき、診察中に嫌がって暴れだすお子さんがいます。そんなときはやむを得ず、スタッフが押さえて治療を進めますが、このような状態ではお子さんが気の毒です。治療している歯科医自身、いたたまれない気持ちでいっぱいになってきます。

そうならないためにも、むし歯が小さなうちに治療する習慣をつけて欲しいと思います。まだ小さなお子さんは、今、むし歯がどのようなレベルにあるのか分からず、ひどくなってから初めて痛みを訴えます。

そのためにも、3カ月に1度のメンテナンスをしっかり受け、むし歯が大きくなる前に、きちんと治す習慣を身につけましょう。

<当院の小児歯科の特長>
むし歯を溶かして削るから痛くありません
ご家族と二人三脚でお子さんの歯を守ります
何気ないお喋りで緊張を取り除く
乳歯が生え始めたら歯の健康診断
3~4歳からはじめる歯みがき指導

むし歯を溶かして削るから痛くありません

シリジェットお子さんにとって治療中の痛みは最大の的! その思いが恐怖心となり、治療中に泣き出してしまう子さえいるほどです。

まして一緒に立ち会っているご家族にしてみれば、可愛いわが子が泣いている姿を見ると、身を削られるような思いでいっぱいになってくると思います。

当院はお子さんに優しい歯医者さんを目指して、常に"痛くない治療"を心がけています。

むし歯の大きさによって治療方法が異なりますが、少し変色している程度であれば、薬剤で患部を溶かして汚れを取るだけです。器械で歯を削りませんので神経のそばに触れることがなく、痛みもありません。

ただし、むし歯が大きくなるとこの方法では治療ができません。

そこで、大きなむし歯には麻酔注射をしてから治療します。麻酔前に表面麻酔を粘膜に塗りますので、針を刺すときの"チクっ"とした痛みさえ感じません。

さらに電動麻酔器で麻酔液を一定の速度でゆっくりと注入していきますので、薬が入っていくときの痛みや不快感もありません。

お子さんは痛くないことが分かれば、落ち着きと笑顔を取り戻していきますので、安心してお任せください。
 

ご家族と二人三脚でお子さんの歯を守ります

ご家族と二人三脚でお子さんの歯を守ります小さなお子さんは、一人で診察台の上に座っていると、孤独と不安でいっぱいになってきます。大人でさえ緊張してしまうのですから、無理もありません。

中には治療器具を見ただけで、泣きだしてしまう子もいます。そんなときは、ご家族がそばにいてくれるだけで、落ち着いてきますので、親御さんの存在は偉大だといえます。

当院ではご家族も一緒に診察室に入っていただき、お子さんの治療に立ち会っていただきます。すぐそばで見守っていただくことで、お子さんは安心して緊張がほぐれていきます。治療についての説明も、随時お伝えすることができますので、治療が進めやすくなります。

ご家族とスタッフの二人三脚が、お子さんの歯の健康を守っていきます。

何気ないお喋りで緊張を取り除く

何気ないお喋りで緊張を取り除くお子さんが診察室に入ってくると、緊張している様子が伝わってきます。きっと手に汗を握り、心臓がドキドキしているんでしょうね。

スムーズに治療を行うためにも、できるだけリラックスできる環境が必要です。そのためにはお子さんとのコミュニケーションが欠かせません。

そこで、診察台に座ったら、いきなり治療をせずに、こんな会話から始めます。

「昨日はどんなテレビ見たの?」「夏休みはプールに行ったの?」

身近な話題ばかりですが、お子さんは夢中になって話しだし、次第に表情が和らぎ緊張がほぐれていきます。間違っても「歯を磨きなさい!」といったことは決して言いません。

治療後は、あっと喜ぶサプライズも用意していますので、「歯医者さんに行くのが待ち遠しい」、そんなお子さんになっていただければと思います。

乳歯が生え始めたら歯の健康診断

乳歯が生え始めたら歯の健康診断ご家族から受ける質問で多いのが、何歳ごろから歯医者さんに行けばいいのか?といった問題です。

歯医者さんに行く習慣は、できるだけ早いうちから身につけた方がいいと思います。特に何歳からという規定はありませんが、乳歯が生え始めたころに、一度、健康診断を受けてみてはいかがでしょうか?
その後は3か月に1度、定期健診を受けるといいでしょう。

歯医者さんではお子さんの歯の状態を総合的に管理していすので、万一、噛み合せや歯ならびなどのトラブルが予測されるときは、経過を見ながら、治療しやすい時期に矯正治療に移ることもできます。

さらにご家族そろって歯の定期健診を習慣づけていただければ、お子さんの励みにもなるでしょう。歯の健康意識を高めるためにも、定期健診をおすすめします。

3~4歳からはじめる歯みがき指導

3~4歳からはじめる歯みがき指導できるだけ早い時期に歯みがきの習慣を身につけておくと、むし歯の少ないお子さんに成長します。

とはいえ、小さなうちは動きがぎこちなく、成人のように上手くコツがつかめません。そこで当院では、年齢に応じた歯みがき指導を行っています。

まず3~4歳のお子さんには歯ブラシの動かし方などを重点的に指導しながら、歯ブラシの習慣を身につけていただきます。

4歳以上になると、染めだしチェックで、みがき残しや細菌の有無を確認します。みがき残しがあると赤く染まり、そのままの状態にしておくと、そこがむし歯になっていきます。

ご家族にも一緒に見ていただきながら、みがき残し部分のブラッシングを重点的に指導していきます。

当院のブラッシング指導で歯みがき上手なお子さんに育てましょう。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由
一般歯科泣かない小児歯科歯周病治療審美歯科
ホワイトニング予防歯科(クリーニング)口腔外科大人の矯正・子供の矯正
インプラント短期集中治療よくあるご質問料金表医療費控除

ドクター紹介・経歴
スタッフ紹介ページ初めての方へ院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 泣かない小児歯科


コールバック予約