トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病は全身疾患を招く 成人の80%が感染

歯周病は全身疾患を招く 成人の80%が感染

歯周病は全身疾患を招く 成人の80%が感染

現代の日本人は、35歳以上の成人のうち約80%が歯周病に感染しています。もはや歯周病は、日本人にとって国民病といっても良いのかもしれません。

歯周病の恐ろしさについては、テレビや雑誌などでも語られているので、多くの方は歯が抜け落ちてしまう病気だと認識していると思います。

当院の院長は昭和大学大学院歯学研究科で博士課程を修了し、在学中は歯周病を専門に研究してきましたので、その恐ろしさについては熟知しています。

歯周病が悪化すると痛みや炎症が伴い、ひどくなると抜け落ちてしまうため物が噛めなくなり、審美面にも影響が出てきます。また喫煙や全身疾患とも深く関わっていますので、本当はとても恐ろしい病気なのです。

「歯周病と喫煙」の関係ですが、浜松市歯科医師会の調査によると、タバコを吸っている歯周病患者のうち、半数以上が中~重度の歯周病という結果があります。 (平成9年調査)

喫煙との関係以外にも、糖尿病や感染性心内膜症、骨粗鬆症、肺炎なども引き起こし、最近の研究では心臓にも悪影響を与えていることが分かってきました。

35歳以上になると歯周病感染リスクが高まります。そのためにも予防が大切です。
当院のプラークコントロールと定期メンテナンスで、歯周病の進行を遅らせて欲しいと願っています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病は全身疾患を招く 成人の80%が感染


コールバック予約