トップへ » 当院が選ばれる理由 » 大人の矯正・子供の矯正 » 小児矯正は乳歯と永久歯の混合期がベスト

小児矯正は乳歯と永久歯の混合期がベスト

小児矯正は乳歯と永久歯の混合期がベストお子さんの矯正治療は、始めるのが早ければ早いほど、いい治療結果が得られます。目安としては、永久歯と乳歯が混在している7~12歳ごろ(第一期治療)に行うのがベストです。

この時期、成長期のお子さんは骨が柔らかいので治療がしやすく、歯の動きやあごの成長をコントロールしながら骨格とあごのバランスを整えていきます。大人に比べると治療中の痛みや苦痛が少なく、効率のいい治療が期待できるでしょう。

ここで骨格とあごのバランスが取れると、次の段階に入ったときに歯を抜かずに治療ができます。

第一期治療が終わり、全部の歯が永久歯に生えかわった後、第二期治療に入ります。この段階では歯やあごの成長はすでに終わっていますので、矯正装置を装着して歯を動かしていきます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 大人の矯正・子供の矯正 » 小児矯正は乳歯と永久歯の混合期がベスト


コールバック予約