トップへ » ドクター紹介・経歴 » 歯周病は口腔内全体が治療できるから面白い

歯周病は口腔内全体が治療できるから面白い

歯周病は口腔内全体が治療できるから面白いわたくしにとって、歯周病はとてもやりがいのある治療です。昭和大学大学院時代には歯周病を専門に研究してきましたので、歯周病治療を得意としています。

よく、人から「歯周病治療の面白さはどこですか?」と聞かれることがあります。そんなときは「歯周病治療は、口の中を総合的に治療することができるから」とお答えしています。

歯周病は口の中全体を診て、その歯が残せるのか・残せないのかを判断し、それに基づいた治療計画を立てていきます。もし、抜けてしまった歯があれば、歯周病の治療をしっかり行った後、ブリッジやインプラントで補うことができます。あるいは噛み合せに問題がある場合は、矯正治療を行い食べ物がしっかり食べられるように改善することができます。歯ならび、噛み合せ、補綴など、すべてを考慮した治療が可能です。

ところがむし歯治療だけをみると、感染部を削り、薬を充填したあと、詰め物や被せ物で歯の形を整えればそれで治療は終わりです。歯周病に比べると治療範囲がぐっと狭まってくるんですね。そこが歯周病治療の面白さなのかなって思っています。


トップへ » ドクター紹介・経歴 » 歯周病は口腔内全体が治療できるから面白い


コールバック予約