トップへ » ドクター紹介・経歴 » 同じ歯科医の妹はよき相談相手

同じ歯科医の妹はよき相談相手

同じ歯科医の妹はよき相談相手高校生のころは、人の役に立つ職業に就きたいと思っていました。たまたま親せきが医療系に携わっていたので、その影響もあったのかもしれませんね。お医者さんや歯医者さんだったら人の役に立てる仕事だと思い、医療を志したんです。

歯医者さんを選んだのは、歯や口は人間が生きていく上で、重要な役割を担っていると思ったからです。

"口"は、食事をするための大切な器官ですよね? もし、歯がなくて食べられなければ死んでしまいます。それを治す歯医者さは重要な仕事だと感じたんです。

4歳離れた妹ところで、わたくしには4歳離れた妹がいて、実は彼女も歯科医師です。だからといって、相談して決めたわけではなく、気がついたら同じ選択をしていた次第です。専門分野はわたくしは歯周病、妹は麻酔科の認定医とそれぞれ違いますが、目指していることは方向は同じ、"患者さんの歯を守る"ということです。

ちょっぴり照れくささを感じることもありますが、それ以上に診療についての悩みや疑問を、お互い相談しあうことができる良さがあります。当院の開業にあたっても、妹夫婦にたくさんのアドバイスをもらったので、本当に助かっています。

歯科者さんファミリーのように見られると気恥ずかしさもありますが、お互いに助け合えるので、妹が歯科医でよかったと思っています。


トップへ » ドクター紹介・経歴 » 同じ歯科医の妹はよき相談相手


コールバック予約