ブログ

2013.07.31更新

こんにちは。

練馬区・上石神井のさきやま歯科クリニックの崎山です。

明日から8月になりますが、お子様の歯科検診にしらっしゃる方が増えています。

この時期、多いのもどの医院さんでも同じではないでしょうか。

乳歯がグラグラする、学校検診で引っかかった、歯が黒いなど。

歯科衛生士を中心に歯ブラシ指導などを積極的に行っております。

時間の取れる時期に集中的に治療するのもひとつかと思います。

また、夏休み、これからご旅行を控えている方も多いように思います。旅行の期間に

ご不自由しないよう努めていきます。

もも2


私は先日、山梨県へ桃狩りへ行きました。

1歳の息子も初めて見る桃を手にしてご機嫌でした。

皆様も暑く、しんどい夏ですが楽しみもあると思います!!


http://www.sakiyama-dc.jp/

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.29更新

平素、大変、お世話になっております!!

私事ですが、不摂生によりだいぶ体重が増えてしまいまして、重いです! 身体がぁ!!

そのため、院長と参加するマラソン大会を機に生活習慣を見直すことにしました。正直、現段階では10km完走どころか、今年の夏さえ越せないでしょう!

ダイエットや体力作りにも取り組まなければなりません。ですから効果の高いものは率先して採用し、実践していきたいと思います。

機会があれば、途中経過をご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

医療人たるもの、人様のお身体を拝見する以上は、身も心も健康でなければならないでしょう。

歯科治療に関しては
http://www.sakiyama-dc.jp/まで

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 歯科医師 阿部宏幸

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.27更新

お疲れさまです。平素、大変、お世話になっております。

私事ですが、ついに私もスマホ•デビューしました! しかも昔から憧れを抱いていたiPhoneにです。電車通勤時に多くの方がスマートフォンを触りながら、指を上下左右とスライドしているのを羨ましく見ておりました。

LINEって、アプリの一つだったんですネ! てっきりLINEは特別な電話回線とか、携帯電話会社サービスの一つだと思っておりました。周りの知人が「LINEはイイよ! サイコー!」って騒いでいてその存在を知ってはおりましたが、こんなに便利なものとは知りませんでした。無料通話や無料メールなど、色々なことができるようです。正直、驚きました。

どんどん技術が進歩して、身の回りに新しいものがあふれてきています。しかも怖いくらい早いスピードで。しかしいくらコミュニケーションツールが進歩しても、人との対話の基本はあまり変わってはいないのではないでしょうか? やはり大切なことや伝えたいことはメールではなく、直接対面して自分の言葉で話すべきだと思います。メール上の言葉ややりとりは時に誤解を招いてしまいます。でもメールは本当に便利ですよね?
あまり頼りすぎないようにしたいと思います。

当院ではホームページをスマートフォン版として見ることも可能にしております。もし、宜しければ、ご利用ください。

歯科治療に関しては
http://www.sakiyama-dc.jp/まで

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 歯科医師 阿部宏幸

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.26更新

 練馬区・上石神井のさきやま歯科クリニックよりお知らせがございます。

 毎月第2週目の土曜日に矯正診療を行ってきましたが、小学生、中学生の

 学校の都合を考慮した上で、矯正の診療日を9月から第3土曜日に変更する

 ことになりました。当院、成人女性の矯正も多くきれいな歯並びになっていき

 喜んで頂けてることをうれしく思っております。

 これからもどうぞよろしくお願い致します。

http://www.sakiyama-dc.jp/

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.25更新

平素、大変、お世話になっております。

先日、知人のcotomoさんが3rd アルバムを発売し、ライブをしたので行って参りました。

cotomoさんは歯科衛生士の仕事をしながら歌手活動も精力的に行い、西表島をこよなく愛している魅力的な女性です。

歯科衛生士の仕事の後、歌やギターの猛練習と寝れない日もあるそうです。
プロデューサーの木村祐士さんが言っていました。「ギターで10年でかかることを3年でやっている」と。

それを聞いて私は素直にスゴイなと思いました。何かを発信して、多くの人を感動させ夢を与える人は違うなと感じました。努力量が違います。

自分も一日一日を大事にし、期限つきの目標を設定しなければいけないんだなと痛感させられました。

アルバムですが、アコースティックギターの弾き語りや、懐かしさを感じる癒しの曲があったりと聞く人に元気を与えてくれます。ヒーリング効果もあります。前作のアルバムもリメイクされているので、聴き比べるのも面白いと思います。

是非、聞いて頂きたいと思います。

cotomoさんに関しては
http://cotomo.jp/まで


歯科治療に関しては
http://www.sakiyama-dc.jp/まで

live

cotomoさんは一番右の女性です

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 歯科医師 阿部宏幸

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.24更新

練馬区、上石神井のさきやま歯科クリニックの崎山です。

昨日の夕方の豪雨はすごかったですね。

夕方で多くの患者様が来院され、傘を持たずにいらっしゃった方もいらっしゃいました。

当院では貸し出し用の傘を用意しております。

受付の方でも気に掛けるようには致しますが、万一、傘をお持ちでない方がいらっしゃいま

したら受付に遠慮なくお申し出ください。

最近の気候のせいか患者さまの中には風邪を引いていらしゃる方が少なくありません。

無理して来院せず、万全な体調の時に来院してください。


http://www.sakiyama-dc.jp/

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.22更新

こんにちは。

練馬区上石神井、さきやま歯科クリニックの崎山です。

当院は8月12日(月)~16日(金)まで休診となります。

http://www.sakiyama-dc.jp/

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.19更新

~ 時事通信 2013年7月18日(木) ~


1億5000万年前に北米大陸に生息した全長約30メートルの最大級の草食恐竜ディプロドクスとカマラサウルスは1~2カ月に一度、歯が生え替わっていた。こんな研究結果を米国の研究チームが17日、科学誌「プロス・ワン」で発表した。
 それによると、この2種の大型草食恐竜は歯槽内に「補充用の歯」を複数持っていて、カマラサウルスは62日、ディプロドクスは35日ごとに、「人間の乳歯の後に生える永久歯のように」新しい歯が生えていたという。
 研究チームは、膨大な量の木や堅い草をそしゃくする大型草食恐竜は歯の損耗が激しく、短期間で歯が生え替わる能力はありがたかったに違いないとしている。


人間は生え替わりは乳歯から永久歯への一度きりです。

むし歯や歯周病でご自身の歯を失うと入れ歯やブリッジ、インプラントで補う必要が

出てきます。生まれ持った歯を大切にしましょう。

http://www.sakiyama-dc.jp/

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2013.07.18更新

~ 中日新聞 2013年5月23日 ~

 もうすぐ「歯と口の健康週間(6月4~10日)」。子どもの歯は小学校高学年で永久歯へ生え替わるまで変化し続けるため、虫歯予防には保護者のチェックが欠かせない。乳歯期から生え替わり時期の予防のポイントを専門家に聞いた。(宮本直子)


 「『どうせ抜けるから』と乳歯の虫歯を甘く見てはだめ」と話すのは昭和大学歯学部の井上美津子教授(小児歯科)。乳歯が虫歯になると、永久歯も虫歯になりやすくなり、歯並びにも影響する。話す、食べるなど口の機能の発達にも支障が出る場合もあり、乳歯期からの予防が肝心だ。


 そもそもなぜ虫歯になるのか-。虫歯は口の中の細菌が糖質を分解して酸を作り、歯のミネラル成分を溶かしてできる。唾液の力で歯はある程度修復するが、食後も甘い物をダラダラ食べるなど、酸にさらされる時間が長いと修復が追いつかず、虫歯になる。井上教授は「おやつの時間を決め、メリハリのある食生活が予防の第一歩」と話す。


 甘い物の取り方とともに虫歯の二大原因といわれるのが磨き残し。虫歯の原因菌のすみかになっている歯垢(しこう)がたまると、虫歯になる危険が高まる。


 小児歯科医院「キッズデンタル」(東京都)の小児歯科専門医坂部潤さんは「小学校中学年までは親が仕上げ磨きし、磨き残しをチェックして」とアドバイスする。歯の成長に応じ、歯磨きのポイントも変わる。


 乳歯は生後五、六カ月で下の前歯から生える。歯が生えてきたら最初はガーゼや綿棒をやさしく口に入れて汚れを取り、その後、少しずつ歯ブラシに慣れさせる。歯ブラシのヘッドは小さめのものを。持ち方は力を入れず鉛筆持ちにする。


 一歳半から二歳で奥歯が生えてくる。複雑な溝があり、すき間なく生えるので前歯に比べ虫歯になりやすい。歯ブラシで届かない歯間の汚れはデンタルフロスで取り除く。「乳歯が生えそろう三歳ごろから習慣にすると効果的」と坂部さん。片手で使える持ち手付きタイプを薦める。


 永久歯への生え替わりは六歳ごろ始まる。生え始めの永久歯は歯質が弱く虫歯になりやすい。特に六歳ごろに生える奥歯「六歳臼歯」は虫歯になることが多い。磨きにくく、汚れがたまりがちなので保護者がチェックを。


 「仕上げ磨きは回数より質が大事」と坂部さん。歯垢がたまりやすい歯と歯茎の境目などに注意し、一日一回夜寝る前にしっかりやる。デンタルフロスも週に二、三回以上取り組めば磨き残しを防げる。歯磨き後に塗るフッ素ジェルも歯質強化には効果的だという。


 基本は家庭での予防だが、歯並びや歯質には個人差があり、歯科での定期健診も心掛けたい。「虫歯の自覚症状が少なく、気付かないうちに虫歯が進行する場合もある」と坂部さんは注意を促す。

◆予防のポイント 


・食生活にメリハリ

・仕上げ磨き 小学校中学年まで

・3歳ごろからフロス

・フッ素ジェルも効果

当院でもフロスやフッ素塗布、検診を推奨しております。

しっかりと3カ月に一度検診にいらっしゃるお子様にはむし歯が少ないことを

実感しています。

http://www.sakiyama-dc.jp/

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、上石神井にある
さきやま歯科クリニックまで、お気軽にお問い合わせください。

  • common_inq.png
  • お問い合わせ
staff staff blog