トップへ » なぜ保険治療と自費治療があるのですか?

なぜ保険治療と自費治療があるのですか?

医科では保険外(自費)治療というのはほとんどありません。

例えば、心臓の手術をするのに特上、上、並といったランクがあってはいけません。
常に最高の治療を患者さんに提供する義務があるからです。

ところが歯科に関しては、現在、最新の高いレベルの治療、一人一人の顎の動き(全く同じ運動をする人は一人としていません)を考慮して精密に作り上げた、体に優しい最新の材料を使った被せ物や入れ歯が、保険治療に取り入れられるということが行われていません。
その背景には、医師会と歯科医師会の見解の違い、厚生労働省の歯科に対する財源の不足、歯科の保険制度の不備など、様々な問題がありますが、実際のところ歯に対する認識が不足しているというのが現実です。

ですから、体に対して危険をはらんでいる可能性のある材料を使用した、被せ物や入れ歯を使うという何十年も前の治療法が、保険治療という名のもとに平然と行われているわけです。

無料カウンセリングフォームへ


トップへ » なぜ保険治療と自費治療があるのですか?


コールバック予約