ブログ

2013.10.06更新

こんにちは。勤務医の阿部です。
禁煙は歯周病治療の効果を高める、に関して書かせて頂きます。


<喫煙は歯周病のリスクファクター>

米国の健康と栄養に関する全国調査をもとにした研究によれば、非喫煙者に対する歯周病の発症のオッズ比は、喫煙者で3、97倍 (1日31本以上のヘビースモーカーでは、5、88倍) 、過去の喫煙者で1、68倍(3年未満の禁煙で3、22倍、11年以上禁煙していると、1、15倍)であった。


このことから、喫煙者は非喫煙者に比べ歯周病にかかりやすく、さらに喫煙本数が多いほどリスクが増すことがわかる。また、禁煙してもすぐにリスクは消えず、禁煙期間が長くなるとリスクが減少し、11年以上禁煙すればリスクは非喫煙者と同程度になると、ありました。


要は喫煙が歯周治療の結果に影響を与え、禁煙することで喫煙の影響は小さくなるが、完全にはなくならない。過去の喫煙量や喫煙期間、禁煙してからの期間が影響するようです。また、喫煙者は治療により良い結果が得られても、メンテナンス期間中に後戻りする可能性があるようです。


喫煙されている方は、できるだけ早い禁煙をお勧めします。


何か不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。


https://www.sakiyama-dc.jp/


練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」勤務医 阿部宏幸

投稿者: さきやま歯科クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、上石神井にある
さきやま歯科クリニックまで、お気軽にお問い合わせください。

  • common_inq.png
  • お問い合わせ

エンパワー
staff staff blog