ブログ

2022.06.05更新

 

 こんにちは。さきやま歯科クリニックの崎山です。歯周病と糖尿病との関係はよく知られていますがその記事を紹介します

 

 【問】55歳男性。歯周病が糖尿病に影響すると聞きました。詳しく教えてください。


 治療徹底でどちらも症状改善


 【答】歯周病は、歯を支える骨や歯肉などの「歯周組織」に起こる炎症のことで、進行すると歯の喪失につながります。一方、糖尿病は慢性の高血糖状態が原因で、網膜症、腎症、神経障害などさまざまな合併症が生じます。生活の質が大きく低下するだけでなく、適切な治療がなされなければ命に関わることもあります。
 糖尿病になると歯周病が重症化しやすいことは以前より知られていましたが、近年の研究ではその逆とも言える「歯周病が糖尿病を悪化させる」ことが明らかになっています。炎症を起こした歯周組織では多くの炎症性タンパクがつくられます。これが血流に乗って全身の細胞に作用してインスリンの働きを阻害することで糖尿病を悪化させるのです。
 一方で歯周病治療によって糖尿病が改善することが分かっていて、歯周組織の炎症を除去することで全身のインスリン抵抗性が改善されると考えられています。
 最新の研究では、徹底した歯周病治療によって、2型糖尿病において糖化ヘモグロビン(HbA1c)の値が平均0・6低下したことが報告されました。また糖尿病の食事療法の観点からも栄養バランスの取れた食事をしっかりかんで食べることが必要で、そのためには歯の状態を整えておく必要があります。
 これらのことから糖尿病専門医が参照する「糖尿病診療ガイドライン」に、糖尿病患者には歯周病治療を推奨することが記されています。もし糖尿病、またはその予備軍と診断されたら早めに歯科を受診しましょう。また、普段からかかりつけの歯科でお口のメンテナンスを受けましょう。

 

 

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2022.06.04更新

 

 当院では、定期的に検診にいらっしゃる患者様も多くいらっしゃいますが、そうでない患者様もいらっしゃいます。

 一度、ご一読頂ければ幸いです。         

               

  〜 “骨太の方針”に社会が注目:“国民皆歯科健診”導入検討の始動を明記 〜

 

「歯科界に画期的な“国民皆歯科健診”導入検討を始めることを“骨太の方針”に明記する」と5月29日の産経新聞電子版で配信報道された。既にオクネットニュース(5月28日)で、「5月25日、自民党内に立ち上げたプロジェクトチーム(座長=古屋衆院議員・事務局長=山田宏参院議員) が、“健康寿命の延伸に向け歯科健診受診率向上の取り組みの充実・強化を求める”提言を松野一博内閣官房長官に申し入れた」とマスコミ報道を受け配信した。提言では、高齢者の誤嚥性肺炎や糖尿病等を例にして、「多くの疾患と口腔疾患が関連することが示されており生涯を通じた歯科健診の重要性を指摘。政府の重点政策や予算編成の方向性示す旨を“骨太の方針”への明記を要望したようだ」として配信していた。なお、議連設立の時には、山田宏参院議員事務局長が、歯科健診の必要性の背景などの議論を重ねていたと説明していた。

今回の報道によれば、「6月上旬にまとめる経済財政運営の指針“骨太の方針”に、全国民に毎年の歯科健診を義務付ける“国民皆歯科健診”を令和7年頃の導入に向け、検討を始める方針を明記する」というもので、その期待する目的は、医療費の抑制としているようだ。歯科界では、以前から指摘されていた課題で、歯周病などの歯科疾患と他の全身疾患の関係について、科学的根拠などが専門学会や関係学会等で発表されており、歯科疾患の予防・抑制することで、結果として医療費抑制にも貢献することが明らかになってきた。医療費問題の観点からも提起を促したこともあるようだ。今回、歯科関係者も驚いたのが、“骨太の方針”への対応で、そのスピード感と最終的にはまだ不明な点もあるが、具体的な導入時期までも明記するということである。

いずれにしても、歯科健診に関しては、乳幼児、小中高学校生徒の健診、特殊な職種勤務者には健診義務はあるが、以後・以外には、本人の意思に委ねている。ここが問題視されていた。日歯代議員会、専門歯科学会でも議論はされており、問題意識は共有していた。しかし、歯科健診の為に歯科受診するケースは少なく、まさに、歯科の特性である“痛くない”“不都合な噛み合わせがない”という理由で、歯科受診しない現実が根底にある。まして受診を強制ができないのも事実で課題要素であった。また、健診の具体策でも、「健保組合などが毎年行う健康診断の際に唾液を提出してもらい、歯周病などの可能性がある人を受診につなげる案が浮上している」とされているようだ。経費負担、労力提供などの課題が指摘されると予想されるが、一歩踏み出すスタートにしていく強い姿勢は伝わり、結果として国民への健康に還元されるという政治判断でもある。

なお、昨年の“骨太の方針”は以下の通り。「全身との関連性を含む口腔の健康の重要性に係るエビデンスの国民への適切な情報提供、生涯を通じた切れ目のない歯科健診、オーラルフレイル対策・疾病の重症化予防にもつながる歯科医師、歯科衛生士による歯科口腔保健の充実、歯科医療専門職間、医科歯科、介護、障害福祉機関等との連携を推進し、歯科衛生士・歯科技工士の人材確保、飛沫感染等の防止を含め歯科保健医療提供体制の構築と強化に取り組む。今後、要介護高齢者等の受診困難者の増加を視野に入れた歯科におけるICTの活用を推進する」というもので、具体的な表現・数字はなかった。

換言すれば「政府の方向性は示しました。あとは当該業界で具体的に議論・検討して実施して下さい」と行間の意味を理解・解釈されることもあった。具体性を示すと、明確な目標になることでの問題も浮上することもあり、具体策は回避する傾向は否定できないことも事実である。今回は、社会にも理解も求めることになるが、まさに、新しい日本型歯科文化への一石を投じることになることが期待されてくる。

 

 

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

 

投稿者: さきやま歯科クリニック

2022.05.23更新

 

   練馬区・上石神井のさきやま歯科クリニックの崎山です。2021/12/26(日) Ourageの記事を紹介します。

 

    歯周病に気をつけ、定期的に当院検診の受診される方は多くいらっしゃいますが全身疾患のも関与しています。

 

 

歯周病は初期には自覚症状がないので、気づかないうちに進行していることも。歯を失わないためにも、日頃からの管理が重要だ。では歯周病が進行すると私たちの体にはどんな影響があるのだろうか? 歯周病を放置しておこるさまざまなトラブルを、歯科医師の若林健史さんに聞いた。

Q. 歯周病になるとどんなデメリットがありますか?
A. 糖尿病、血液や骨の病気、認知症にも関係している
歯周病を放置しておくと、歯を失うだけではない。
「口の中で歯周病による炎症が続くことで、その毒性物質が歯茎の血管から全身に回り、さまざまな病気を引き起こします。

例えば、血糖値を下げるインスリンの働きを悪くするので糖尿病に。歯周病があると、糖尿病になる確率が2.6倍高まるといわれています。誤嚥(ごえん)により細菌が肺に入ることで肺炎に。動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞に。

最近では、アルツハイマー病や骨粗しょう症、リウマチとも関係していることが報告されています」(若林健史先生)。

歯周病はさまざまなトラブルの原因となり、放置することは寿命を短くする大きな要因。早期の治療が必要だ。

 

 

練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2022.04.15更新

 

 〜   キシリトール  県歯科医師会 より参照 〜

 

 

 予防という考え方が一般的になるにつれ、キシリトールという言葉をよく目にするようになりました。

 キシリトールは、シラカバやカシの木などから取れる甘味料ですが、イチゴやホウレン草などの果物、野菜にも含まれています。なぜ甘い味のキシリトールが歯によいのでしょうか?

 むし歯菌がキシリトールを砂糖と勘違いして食べて、おなかを壊し弱ってしまうからです。キシリトールは、砂糖に比べると分解されにくいのです。従って、人間も大量に食べるとおなかがゆるくなることがあります。

 成分含んだガムお薦め

 では、キシリトールをどのように摂取すればよいのでしょう。お薦めは、キシリトール入りガムです。毎食後、味がなくなってもできるだけ長い時間かんでから歯を磨きましょう。

 よくかみ、唾液(だえき)がたくさん出ることでもむし歯予防効果がより高まります。

 最近は、キシリトール入りのあめも増えてきていますが、なかには、砂糖も含まれ、むし歯になりやすい商品もありますから、原材料名を見て選びましょう。「ノンシュガー」と表示されていれば比較的安心です。

 キシリトールには、むし歯予防効果がありますが、あくまで補助的なものです。食後、早めの歯みがきが大切なのは言うまでもありません。寝ているときが一番むし歯になりやすいので、就寝前は、より丁寧に時間をかけて磨きましょう。

 フッ素に加えて、キシリトール入りの歯みがき粉もお薦めです。

(県歯科医師会)

 

 

https://www.sakiyama-dc.jp/

 練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2022.04.14更新

 

 

   〜 歯周病について日本歯周病学会から紹介します 〜

 

歯周病の原因となるのは、歯垢と呼ばれる細菌です。歯垢は、歯磨きが不十分な部分に付着するネバネバした黄白色の粘着物です。この歯垢は時間とともに量が多くなり、酸素が少ない状態になると歯垢の中で酸素を嫌う嫌気性菌が多くなります。

嫌気性菌が歯肉に攻撃を仕掛けて身体の中に侵入しようとし、身体は菌をやっつけて侵入を抑えようと攻撃します。これが、歯周病のはじまりで、歯肉からの出血・発赤・腫脹などの炎症の症状です。この中でも、出血は歯周病菌と白血球の戦いの証です。出血をそのままにしておくと、歯垢は歯周ポケットの中に潜り込み、どんどんと歯周組織を破壊していき炎症を繰り返します。歯周病が起こるということは、口の中で常に炎症が続いているということです。

その際、炎症によって出てくる毒性物質が歯肉の血管から全身に入り、様々な病気を引き起こしたり悪化させる原因となります。炎症性物質は、血糖値を下げるインスリンの働きを悪くさせたり(糖尿病)、早産・低体重児出産・肥満・血管の動脈硬化(心筋梗塞・脳梗塞)にも関与しています。

また、歯周病菌のなかには、誤嚥により気管支から肺にたどり着くものもあり、高齢者の死亡原因でもある誤嚥性肺炎の原因となっています。歯周病菌のひとつP.g菌(Porphyromonas gingivalis)がもつ"ジンジパイン"というタンパク質分界酵素はアルツハイマー病悪化の引き金をもつ可能性が示唆されています。

歯周病の予防・治療を行うことで、全身の様々な病気のリスクを下げることが可能です。日々の歯磨き・口腔ケアを見直し全身の健康につなげましょう。

 

https://www.sakiyama-dc.jp/

 練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2022.04.13更新

                 〜 参考資料 毎日小学生新聞 2021/10/31 〜

「甘いものを食べると虫歯になるよ」と言われたことはありませんか? 

 砂糖が入った食べものや飲み物が、歯を溶かして虫歯にしちゃうのかな…と思いそうですが、それはちょっと違います。

 口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。歯の表面に、歯垢しこうというよごれがつくのですが、これは食べかすではなく、細菌のかたまり。つまようじの先でほんの少しすくった歯垢に、なんと2~3億おくも細菌がいるというから驚きです! 歯垢の中には「ミュータンス菌」というバイ菌が住んでいて、そのバイ菌の働きによって、歯が溶かされる病気が「虫歯」なのです。


 甘い食べ物や飲み物も関係があります。ミュータンス菌は、砂糖の入った甘いものが大好き。砂糖の入ったものを食べると、活発にはたらいて酸を作り、この酸が歯を溶かします。たくさん食べたかどうかよりも、ガムやキャラメルのように長い時間かけて食べたり、何度もだらだら食べるのは、虫歯の原因になりやすいので注意してください。お菓子だけでなく、甘いジュースや菓子パンなども、ひかえめにしましょう。

 大事なことは、歯垢がこびりついたままにならないよう、きちんと歯みがきをすることです。歯ブラシが届きにくい奥歯のみぞや、歯と歯の間は、特にていねいに。はえたての永久歯えいきゅうしは虫歯になりやすいので、気をつけてくださいね。

 

 

当院も多くの子どもたちが来院しますが、しっかり歯ブラシを持ってきてもらい染め出しをしてチェックをします。

見てもらうことが目的です。当院、診療では『歯ブラシ』こそ最強の治療方法と考えるからです。

 

 

投稿者: さきやま歯科クリニック

2022.04.13更新

                 〜 参考資料 毎日小学生新聞 2021/10/31 〜

「甘いものを食べると虫歯になるよ」と言われたことはありませんか? 

 砂糖が入った食べものや飲み物が、歯を溶かして虫歯にしちゃうのかな…と思いそうですが、それはちょっと違います。

 口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。歯の表面に、歯垢しこうというよごれがつくのですが、これは食べかすではなく、細菌のかたまり。つまようじの先でほんの少しすくった歯垢に、なんと2~3億おくも細菌がいるというから驚きです! 歯垢の中には「ミュータンス菌」というバイ菌が住んでいて、そのバイ菌の働きによって、歯が溶かされる病気が「虫歯」なのです。


 甘い食べ物や飲み物も関係があります。ミュータンス菌は、砂糖の入った甘いものが大好き。砂糖の入ったものを食べると、活発にはたらいて酸を作り、この酸が歯を溶かします。たくさん食べたかどうかよりも、ガムやキャラメルのように長い時間かけて食べたり、何度もだらだら食べるのは、虫歯の原因になりやすいので注意してください。お菓子だけでなく、甘いジュースや菓子パンなども、ひかえめにしましょう。

 大事なことは、歯垢がこびりついたままにならないよう、きちんと歯みがきをすることです。歯ブラシが届きにくい奥歯のみぞや、歯と歯の間は、特にていねいに。はえたての永久歯えいきゅうしは虫歯になりやすいので、気をつけてくださいね。

 

 

当院も多くの子どもたちが来院しますが、しっかり歯ブラシを持ってきてもらい染め出しをしてチェックをします。

見てもらうことが目的です。当院、診療では『歯ブラシ』こそ最強の治療方法と考えるからです。

 

https://www.sakiyama-dc.jp/

 練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2022.04.13更新

こんにちは。

練馬区上石神井 さきやま歯科クリニック 崎山です。

今回は一度は聞いたことがる歯周病について参考になればと記事をご紹介します。

日々、診療しながら高齢の患者様から若い頃もっと歯を大切にしておけばと話を伺うことがよくあります。

歯科医師として『歯』を抜くことはできるだけ避けたいことですのでご一読いただければ幸いです。

 

歯周病は、国民8割以上が持っていると言われる。歯の表面につく歯垢(細菌の塊り)が引き起こす。歯肉の炎症による出血、腫れが起こる歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎がある。歯が揺れてきて、ついには抜ける。中年以降に歯を失う主な原因だ。いわゆる歯槽膿漏は、この歯周病のこと。

歯周病は、歯のまわりにある組織のいずれか、あるいはすべてに起こる疾患の総称です。
 歯周組織は、歯肉(歯の根と骨をおおっている部分で、通称歯ぐきという)、セメント質(歯の根の表面部分)、歯槽骨(歯を支えているあごの骨の一部)および歯根膜(セメント質と歯槽骨とを連結している膜)から構成されます。 主として歯肉から炎症が起こる歯肉炎や歯周炎と、歯周組織の深部(セメント質、歯槽骨、歯根膜)から非炎症性で破壊が起こる咬合性(こうごうせい)外傷に大別できます。日本人の約7割が歯肉に何らかの異常があり、中高年では、実に8割の人に歯周病があると報告されています。
【原因は何か】
これまで、歯周病は一度かかったら治らない不治の病ともいわれてきましたが、その原因が次第に明らかになってきました。歯肉炎や歯周炎は、口のなかにすんでいる細菌(口腔常在菌)によって起こる感染症であるとされています。また、咬合性外傷は、歯周組織の適応能力を超えた力が加わることによって起こることもわかっています。
【歯周病は生活習慣病】
最近では、歯周病は生活習慣病として位置づけられ、食習慣、歯みがき習慣、喫煙などとも関連があり、歯科医による治療のみではその効果があがらないことも明らかになってきました。患者さんの生活習慣の改善、自助努力も歯周治療の成否に大きく関与するからです。
 歯や口は、消化器官の一部としての役割をもっていると同時に、体全体ともつながっていることを再確認することが重要です。歯周病が長期間慢性化することによって、病原性をもった細菌が血液中に入ったり、飲み込まれて口から離れた心臓や肺などの遠隔臓器に行き着き、そこに病気を起こす可能性が高くなります。
 したがって、歯周病を予防したり、コントロールすることは、単に歯や口の健康を守るのみならず、全身の健康をも守ることにつながります。

 

(C)法研

 

https://www.sakiyama-dc.jp/

 練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

2018.02.08更新

ホームページをリニューアルしました。今後ともよろしくお願いします。

投稿者: さきやま歯科クリニック

2017.05.11更新

学会
~ 練馬区・上石神井のさきやま歯科クリニックの崎山です ~

当院、歯周病の治療に力を入れております。

代診の穂積歯科医師、衛生士2名と歯周病学会に参加して来ました。

昨今の歯周病の流れを学んできました。

医院として、患者様に還元できる事を増やしていきたいですね。

 
https://www.sakiyama-dc.jp/

 練馬区・杉並区の歯医者さん「さきやま歯科クリニック」 院長 崎山 悠介

投稿者: さきやま歯科クリニック

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、上石神井にある
さきやま歯科クリニックまで、お気軽にお問い合わせください。

  • common_inq.png
  • お問い合わせ

staff staff blog